天の川銀河でのできごと(竹下氏より)

ニニキネは、原見山(富士山)の麓の八方位を掘らせ八つの湖を造り、掘り出した土を山頂に上げて「八峰」を築いた

ニニキネは、原見山(富士山)の麓の八方位を掘らせ八つの湖を造り、掘り出した土を山頂に上げて「八峰」を築いた ~原見山(富士山)に「八峰」を築いたのは紀元前1,252,758年 - シャンティ・フーラの時事ブログ より ホツマツタヱは伝承を文字通り受け取る…

ソサノヲ(素戔嗚尊)の生まれ変わりがヤマトタケ(日本武尊)

「今から約3500万年前」に天界から神々の転生が始まった ~スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文とホツマツタヱの年代が一致 - シャンティ・フーラの時事ブログ より一部 「月の光」というブログに年表がある。この年表を参考にすると、「1穂=1…

半透明状の物体、猫の霊

これが2、3ヶ月前に死んだ猫の霊だと言うのは、とても納得できます。 支配層は、UFO情報と共に霊的世界が実在することも隠してきたはずですが、これ以上は無理だと思います。 (竹下雅敏) [カラパイア]庭を横切る茶色い半透明状の物体、猫の霊であること…

霊界、あの世、霊さん

[大紀元]臨死状態の感覚 〜スウェーデンボルグについて〜 - シャンティ・フーラの時事ブログ より一部 現代の心理学者が臨死体験者の調査によって導き出した死後の世界の入り口での事柄を見ると、これまで宗教、特に東洋の世界で語られて来た死後の世界と…

太陽系の寿命は98億年

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=121409 より 映像配信の連鎖系の説明の中で、太陽系の寿命は98億年であり、現在、およそ半分が経過し、太陽系が誕生してから現在まで46.6億年が経っていることを示しました。これだと私たちの太陽系が消滅するの…

スウェーデンボルグの体験の中には、霊界から地上に生まれ変わった人物の例も記される

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=74921 より 現代の心理学者が臨死体験者の調査によって導き出した死後の世界の入り口での事柄を見ると、これまで宗教、特に東洋の世界で語られて来た死後の世界と酷似しているのがわかります。 これらの事柄はや…

波動の調べ方

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=93156 より 進化段階が5.0以上の者は、その人物の名前を唱えると、体表の7つのチャクラが全て同時に開くのです。6.0以上の者は、体表に加えて神経叢のチャクラも全て開きます。7.0以上の者は、体表、神経叢、脊…

地球のベールが崩壊したことで、地上の変化は加速する

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=114755 2016/07/27 記事より 地球を取り巻くベールが、原因界で破壊されました。今日の未明にかけては、身体が緊張して眠ることが出来ませんでした。こういう時は、誰かが私の命を狙っているなど、何かがあると…

青い鳥族が鳥の姿をしているのは過去において悪魔崇拝に陥ったためである

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=110793 より 要約しています。銀河法典の請願キャンペーンについて触れていますが、その銀河法典の日本語訳は、記事の最後にリンクがあります。 読んでみたのですが、違和感がありました。元記事にはその請願キ…

古い魂、新しい魂

宗教学講座 初級コース 第274回 神智学(宇宙からの警告2) https://shanti-phula.net/ja/video/blog/?p=8126 より一部 宗教学(初級274):神智学(宇宙からの警告2) 〜 竹下雅敏 講演映像 1. ケルビン・ロウ著「宇宙からの警告」 2. 古い魂、新しい魂 3. …

3次元から4次元への移行が起こった2014年1月1日

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=115511 より 8月9日に紹介した記事の中で、ジャイコムメイヤス氏は“2016年7月27日 には、地球は3次元の波動から脱して5次元の波動で振動するようになりました”とありました。すでに説明したように、こ…

3次元にとどまる人達は、地球以外の3次元の惑星に移住する。星系TRAPPIST-1。

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=115470 より 8月9日の記事の中で、“3次元にとどまる選択をされた人達は、いずれ遠くない将来に、地球以外の3次元の惑星に移住することになります”とありました。ふと、以前見たこのスプートニクの記事が頭に浮…