SOLEIL LEVANT’s blog

日出づる国、日本。宇宙のすべてが光り輝きますように。

5G。中国でそのようなマインド・コントロール実験が行われている

 

より
 
 パソコンを使っていたら、突然画面にアシュター司令官が現れ、頭の中に声が聞こえてきて、あなたに指示を与える。もちろん、キリスト教徒には、パソコン画面にイエスが現れるのです。
どうやら、そうしたことが本当に起こるらしい。中国で、そのようなマインド・コントロール実験が行われているというのです。
 
 世界レベルで5Gが浸透すれば、マイトレーヤの「大宣言の日」は、物理的に実現可能だということになります。ベンジャミン・クレーム氏によれば、その時、人々はテレビにマイトレーヤの姿を見、マイトレーヤの声を心の内で聴くとのことです。マイトレーヤが引き起こす途方もない奇跡だということだったのですが、指向性エネルギー兵器で同じことができるのだとわかります。
 
 問題は、大沼安史氏のツイートに書かれているように、5Gが人類の奴隷支配の決定打となり得ることです。5Gは、ストーカーを必要とせず、特定の個人を追跡し、“殺すこともできる”のです。政府の気に入らない人間は、この技術で精神破綻に追い込まれ、最悪の場合殺害されることになります。
 
 想像を逞しくすると、これに人工知能マイクロチップ埋め込みによって、中国版NWO(新世界秩序)が完成すると思われます。
 
 先日紹介した記事の情報によれば、サンヘドリン(ユダヤ教の最高評議会) の長老たちが中国を利用して、このような世界を目指しているということでした。
(竹下雅敏)

----------------------------------

 

 


NEW Silent Weapon Infecting 1000s—Literally Scrambling Their Brains—Devastating Consequences

f:id:SOLEILLEVANT:20200704193554p:plain