SOLEIL LEVANT’s blog

日出づる国、日本。宇宙のすべてが光り輝きますように。

指向性エネルギー兵器、あなたの頭の中にテレパシーのように言葉を送ることが可能

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=64467

より

 

この記事の内容は、SFではありません。現実に今起こっていることなのです。指向性エネルギー兵器を用いれば、あなたの頭の中にテレパシーのように言葉を送ることが可能です。これはずいぶん前からある技術なのです。
 
NWO(新世界秩序)を目論む支配層にとって、大部分の人間は生きる価値の無い「無駄飯食い」なのです。どのような人たちが優先的に、あたかも自然に、あるいは自殺したかのように見せかけられて殺されていくのかということですが、文中にある通り、出産年齢を過ぎた女性や政府関係者の犯罪を告発している人物、政府に反抗する人々、年金生活者などです。彼らは権力者にとって生きる価値の無い寄生虫なのです。

将来NWO(新世界秩序)が完成した社会では、男性は奴隷として、女性は権力者の性奴隷として、その要求に応えられない者は処刑されるでしょう。またおそらくある年齢以上は、全員処分されることになると思います。こうした奴隷制度に少しでも反抗の意志を示す者は、人間の知性を遥かに上回る人工知能によって想念を読み取られ、即座に処刑されてしまうでしょう。現実に、そのようなことが可能なテクノロジーを人類は有しているのです。

 幸いなことに、神々そして銀河連邦の尽力によってこのような暗黒の未来は回避されています。4月15日から22日に、「光の銀河連邦」を名乗る連中が、今後人々が直接にチャネリング情報を取得できる時代になることから、チャネラーを介するチャネリング情報の提供の停止を宣言しました。おそらくこの期間に、いわゆる彼らのライトワーカーに対してこの指向性エネルギー兵器を用いて、言葉を直接彼らの脳の中に送り込むつもりだったと考えます。将来全人類に対して同様の事を行う第一弾であり、ライトワーカーはそのモルモットだったのでしょう。幸い、この実験は神々の仲介によってうまくいかなかったようです。

こうした指向性エネルギー兵器のことを理解していれば、ケムトレイルを用いて呼吸器からナノマシンを脳内の聴覚野に送り込み、全人類に同時にテレパシーに見せかけた脳内放送を実演することが可能だと考えます。これが、ベンジャミン・クレームが何十年にも渡って宣伝していた、マイトレーヤによる“大宣言の日”の実相であろうと思います。この手の連中が全て滅ぼされたのは、当然のことだと言えます。
(竹下雅敏)

 

------------------------------

 

関連記事

 

3次元のホログラム映像。ブルー・ビーム計画。

https://soleillevant.hateblo.jp/entry/2020/07/05/085014