SOLEIL LEVANT’s blog

日出づる国 日本。宇宙のすべてが光り輝き、いつも良いことがありますように。

猿田彦は鳥取県中部に土着の縄文人であり、徐福集団(天孫族)に協力していた

https://plaza.rakuten.co.jp/kodaisi/diary/201602040000/

より

 

猿田彦鳥取県中部に土着の縄文人であり、徐福集団(天孫族)に協力していた。

1 蜘ヶ家山と土下山周辺の猿田彦を祀る神社(6社)。合併(大正時代)前の神社も含む。

f:id:SOLEILLEVANT:20200705133438p:plain

 金刀比羅神社由良町由良宿)、松神神社(下北条村松神)、田村神社(下北条村島)、三輪神社(下北条村土下)、船内神社(上北条村下古川)、山根神社(西郷村山根)

 

 猿田彦一族の本拠地は田村神社(下北条村島)のあたりである。饒速日命を鏡ヶ成に迎えに行かせたのは父の大物主(天忍穂耳)である。その時、天忍穂耳は関金町耳で待っていた。

 

 饒速日の降臨は、江府町江尾神社→江府町下蚊帳→江府町鏡ヶ成→野添→神田神社日吉神社→倉吉八幡神社のある哮峰→倉吉市夏谷のルートであった。猿田彦はさらに哮峰から船で天忍穂耳(大物主)と一緒に大国主の本拠地の北栄町茶臼山の東の海に至った。天忍穂耳(大物主)が本拠地にした北栄町下神の三輪山の隣の松神を本拠地にした。大国主と4伴諸を長瀬高浜(多芸志)に案内したのも猿田彦であった。

 

 饒速日が亡くなったので、邇邇芸が蒜山高原の加茂神社から関金町の矢送神社に降臨した。邇邇芸は蒜山長田神社→加茂神社→関金町の矢送神社→上福田の楯縫神社→北栄町上種の大宮神社のルートで降臨した。猿田彦は邇邇芸を北栄町上種の大宮神社に案内して、天太玉と稚産霊天照大神月読命がすでに降臨していた伊勢(琴浦町中尾)に案内した。

 

 天太玉と稚産霊が降臨した中尾第一遺跡や伊邪那岐伊邪那美が降臨した松ヶ坪遺跡や玉祖命が降臨した長瀬高浜遺跡において縄文晩期と弥生前期の遺物が同時に見つかっている。これらは、天孫族に協力していた縄文人がいたということである。この縄文人たちは猿田彦一族であった。後(紀元前160年頃)に長瀬高浜遺跡の巨大4本柱(直径2.5m前後)の高床式建物(SB40)を建てた。

 

2 縄文海進ピーク時の鳥取県中部の海岸線

f:id:SOLEILLEVANT:20200705133715p:plain

 

 倉吉住吉神社の前の案内板には「このあたり一帯が入り江であった時」と書いてあるのでその状態になるのは海抜20mに海面があった時(縄文時代)であり、鳥取県中部の海岸線はこのようになる。蜘ヶ家山と土下山周辺からは旧石器時代・縄文前期・中期・後期・晩期の遺跡や遺物が発掘されている。鳥取県中部には旧石器時代から連続して人が住んでいた。

 

3 北条町(現北栄町)の遺跡(島遺跡発掘調査報告書「位置・環境」より)

 北条町鳥取県の中央部を流れる天神川を境にして、東は羽合町、西は大栄町、南は倉吉市と接しており、北部は日本海に面している。
 砂丘地では、砂丘遺跡で有名な羽合町の長瀬高浜遺跡が近接するが、本町の江北浜で土師器、須恵器、土馬、銅鏡、鎧片などが出土し、下神及び弓原浜からは、弥生土器、土師器片が出土している。
 丘陵地においては、茶臼山古墳群、土下古墳群、北尾古墳群、島古墳群、曲古墳群など約600基が存在する県下有数の古墳密集地であり、その中でも土下古墳群に含まれる土下210号墳及び、土下213号墳からは全国的にも貴重な鹿埴輪、鹿の子模様の入った人物埴輪が出土している。
 平野部においては、今回調査を行った島遺跡が代表的な遺跡として挙げられる。島遺跡は、昭和27年に発見された遺跡である。当時、縄文遺跡の存在は鳥取県では目久美遺跡(米子市)、北灘遺跡.(境港市)、青島遺跡(鳥取市)など数えるほどしかなく、島遺跡は縄文時代前期から晩期にまたがる土器や、石器、動物骨格片等の豊富な遺物の出土と相伴って山陰を代表する遺跡として脚光を浴びた。
 昭和58年の発掘調査によって多量の縄文土器のほか、石器や丸木舟、縄文貝塚等が発見され、特に縄文土器においては前期から晩期につながる山陰地方の土器編年がなされ、この地域の縄文遺跡としての重要性が注目されている。また、島遺跡の上流部には、縄文時代中期の土器片、ひきりうす、木製品が検出された米里船渡遺跡が存在している。
 北条町の遺跡分布状況は圧倒的に丘陵部における古墳が多いが、まだ埋もれた遺跡がたくさん存在することは、平野部に位置する島遺跡の立地状況からみても容易に推測できるところである。

 

f:id:SOLEILLEVANT:20200705133845p:plain

 

f:id:SOLEILLEVANT:20200705133905p:plain

 

 

4 島遺跡は遺物がほとんどであり遺構は見つかっていない。島遺跡の場所は海抜5mくらいであり、縄文時代は海の底であった。流土で流されたか準王一族がここを襲ったときに捨てたものと思われる。縄文人の遺構はまだ発掘されていないが、周辺の丘陵地にあるはずである。鳥取県中部の蜘ヶ家山と土下山に縄文人が住んでいた。縄文前期・中期・後期・晩期の遺物が島集落や米里集落から発掘されている。

 

 この蜘ヶ家山と土下山に住んでいた縄文人猿田彦一族であった。徐福一行がこの地に到着してからイザナギに頼まれて徐福一行に協力していた。猿田彦は土着の縄文人であったから、徐福集団の道案内もし、定住できるように協力していた。「天津御子の天之御巣の壮大な構えの屋根の高い立派な宮殿を築いた」(古事記)のも猿田彦一族であった。

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

徐福は、方士

斉国の琅邪郡(現在の山東省臨沂市周辺)の出身。別名は徐巿

https://soleillevant.hateblo.jp/entry/2020/07/05/135322

 

 

孝霊神社(廬戸神社)、孝霊天皇、高宮大明神、他

https://soleillevant.hateblo.jp/entry/2020/07/19/205219

 

 

神武天皇は「出雲族」と戦った。蘇我馬子 大王は島大臣(王)と呼ばれた。

https://soleillevant.hateblo.jp/entry/2020/07/05/123641

 

 

 

 


【バーチャルお散歩】波田須をお散歩(前編)〜徐福茶屋から徐福の宮を目指します! 〜三重県熊野市〜

 

 

 


【バーチャルお散歩】波田須をお散歩(後編)〜徐福の宮到着!その後海、波田須駅を目指します! なのに、まさかの結末が!?〜三重県熊野市〜

 

 

 

 

 

徐福上陸地 金立神社(金立権現社) 新北神社 佐賀市諸富町 徐福伝説


徐福上陸地 金立神社(金立権現社) 新北神社 佐賀市諸富町 徐福伝説

徐福伝説 約2200年前、秦の始皇帝の命を受け不老不死の仙薬を求めて日本に渡来したと伝えられる。方士(徐福)
徐福上陸地、金立神社(金立権現社)、新北神社「御神木」のビャクシン
佐賀県佐賀市諸富町

 

 

 

新井崎神社 丹後半島 京都


新井崎神社 丹後半島 京都 / Niizaki Shrine Kyoto

秦の始皇帝の命で不老不死の薬草を追い求めた徐福を祀った神社。 辿り着いた伊根町の新井崎に住み着き、医薬・天文や占い、漁業や農耕を教え、里人たちは彼を慕い、死後は産土神として新井崎神社に祀りました。

 

 

 

 

 


【ゆっくり解説】古事記『因幡の白兎』は徐福だった!? 古代都市伝説

 事記の「因幡の白兎」は徐福だった説についての解説です。