SOLEIL LEVANT’s blog

日出づる国 日本。宇宙のすべてが光り輝き、いつも良いことがありますように。

八雲神社(山形県、茅ヶ崎、鎌倉市)

 


八雲神社 山形県酒田市

酒田駅のすぐ近くにある八雲神社です。
八雲神社」は(八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を)のうたから名付けられている。
例大祭にキウリをお供えしそれを食すると、一年無病息災と言い伝えられている。

 

 

 

 

 


茅ヶ崎の町案内( 八雲神社 編) : 株式会社ティーズエステート

茅ヶ崎の町案内。今回は八雲神社編です。

茅ヶ崎市南湖4-4-29 に位置する茅ヶ崎八雲神社
御祭神は、素盞嗚尊(スサノオノミコト須佐之男命)です。

素盞嗚尊(須佐之男命)は、『伊邪那岐神』によって生み出され、『天照大御神』と『須佐之男命』の弟神。兄弟合わせて『三柱の貴子』とされています。

荒々しい神話が多く、『須佐之男命』が『ヤマタノオロチ』を退治して得た『草薙の剣』は、『三種の神器』の内の一つとしても有名です。

 

 

 


八雲神社(山ノ内)

祭神:素戔嗚尊
例祭:7/15
境内社:稲荷社
宝物:面と衣装(市文)、石造庚申塔(市文)、神輿、獅子頭
住所:鎌倉市山ノ内585
山ノ内の鎮守・・・創建は鎌倉時代祇園八坂の神霊を勧請したのが始まりとされています。
古くは牛頭天王と称していたようです・・・この地に住んだ関東管領上杉憲房も篤く信仰したとの事です・・・
境内崖裏には庚申塔群があり、その中に鎌倉最大最古と呼ばれる物があります(寛文5年銘(1665))

 

 

 

 

 

 


八雲神社(常盤)

祭神:素戔嗚尊速玉之男命伊弉冉命
例祭:7月第一日曜から7日間
境内社:稲荷社
神事:神輿渡御(例祭)
宝物:神輿
住所:鎌倉市常盤534
かつては天王社とも呼ばれていました・・・昔梶原の加護社の御神体が大雨で流され、それを見つけた農民が山に祀り麦飯を供えたのが起こりという話もあり、参拝の時に「常盤の天王麦天王竹の子びしゃくで水かけろ」と唱えるしきたりはこの伝説によるという話だそうな・・・
明治時代に御嶽神社諏訪神社と合祀され現在地に建てられました・・・
社伝によると治承年間(1177~1181)建立。