SOLEIL LEVANT’s blog

日出づる国 日本。宇宙のすべてが光り輝き、いつも良いことがありますように。

ヒメタタライスズヒメ(媛蹈鞴五十鈴媛、比売多多良伊須気余理比売)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%92%E3%83%A1

より

 

ヒメタタライスズヒメ媛蹈鞴五十鈴媛[1][注 1]

日本書紀』に登場する人物・女神で、初代天皇神武天皇皇后(初代皇后)[11]

古事記』のヒメタタライスケヨリヒメ[2]比売多多良伊須気余理比売[注 2])に相当する。

伝承ごとに細部の差異はあるものの、母親はヤマト地方の有力者の娘で、父親は神であったと描かれている。神武天皇に嫁いで皇后となり、2代天皇綏靖天皇を産んだとされている[13][2]

 

f:id:SOLEILLEVANT:20200808152144j:plain

f:id:SOLEILLEVANT:20200808152237j:plain

 

 

日本書紀』などの記述によれば、イワレヒコ(のちの神武天皇)は、「ヒムカの国[注 4]」を出て東へ遠征し、数々の戦いを経てヤマト地方[注 5]に政権を確立するに至った(神武東征)。イワレヒコは畝傍山の麓に「カシワラの宮」(奈良県橿原市)を築き、初代天皇神武天皇[注 6]」として即位することになる[4]

この即位に先立ち、初代天皇に相応しい正妃を迎えることになり、ヒメタタライスズヒメが妻に迎えられる。

 

明治天皇が1890年(明治23年)に創建した橿原神宮では、主祭神として神武天皇ヒメタタライスズヒメが祀られている[5][2]

また、ヒメタタライスズヒメは、子供を救ったことから「子守明神」として崇められるようになり、率川神社奈良県奈良市本子守町)では主神として祀られている[31][注 21]。率川神社では例年6月に「三枝祭」(通称:ゆり祭り)があり、三輪山で栽培されたササユリを供えてヒメタタライスズヒメを祀る[31]

ヒメタタライスズヒメの実家があったという狭井川の上流部には狭井神社がある。ここでは大神荒魂神を主祭神としつつ、ヒメタタライスズヒメ大物主神(『古事記』によるヒメタタライスケヨリヒメの父)、勢夜陀多良比売(『古事記』によるヒメタタライスケヨリヒメの母)、事代主神(『日本書紀』によるヒメタタライスズヒメの父)を祀っている[47]

このほか、津森神宮(熊本県上益城郡益城町)、甲佐神社熊本県上益城郡甲佐町)で祀られている[18]

 

 

-----------------------------------------------------------

 

 

 


奈良 橿原神宮. 2019年6月2日

[奈良県橿原市] 安政2年(1855)に本殿が建立されており、国の重要文化財に指定されています。初代天皇神武天皇)の即位の地となります。

 

 

 

 

 


狭井神社 奈良 / Sai Shrine Nara

 

 

 

 


2013年・率川神社(いさがわじんじゃ)戎祭(奈良市)

 

 

 

 

 

 


熊本の神社 津森神宮

熊本県上益城郡益城町寺中にある神社です。
津森神社には20年に一度の大祭があります。

由緒
欽明天皇二年(540年)神武天皇の神霊神勅により時の国司藤原法昌により創祀されたといわれています。従来この辺りは入り海の津でしたが、神武帝の霊体出現時よりたちまち森になり、この地を「津森」と言われ宮所の名となっているそうです。

御祭神
  神武天皇
  西末社
  鎮魂八神
  東末社
  天照皇大神

 

 

 

 

 


甲佐神社 Kousa Jinja

主祭神八井耳玉命(甲佐明神…健磐龍命の御子)

配祀神健磐龍命、蒲池比咩命、神倭磐余彦命、媛蹈鞴五十鈴媛命

鎮座地:熊本県上益城郡甲佐町上揚882

肥後国二宮の甲佐神社は、阿蘇四社のひとつとされ、肥後南方の守護神として崇敬されています。孝元天皇26年(前189)、阿蘇大神(健磐龍命)が放った矢が止まった地に建立したと伝えられています。当初は「鏑崎宮」と称されますが、神功皇后三韓征伐の後、甲冑を納めたことから「甲佐宮」と称されるようになりました。

仁寿元年(851)には、健磐龍命と蒲池比咩命を祀り、甲佐三宮大明神とも称されました。 拝殿は、千鳥破風付き入母屋造りです。社殿は、明治31年10月の竣工です。社殿向かって右手に奉斎される御陵の、主祭神八井耳玉命のものとされています。 甲佐神社の宝物として知られるのが「蒙古襲来絵詞」です。元寇にて手柄を立てるも恩賞から漏れた竹崎季長は、甲佐大明神のお告げにより鎌倉に行き直訴し、地頭職を賜ります。その御礼として奉納したのが「蒙古襲来絵詞」で、拝殿には模写が掲げられています。願成桜は、季長がお告げを受けたとされる桜を記念したものです。