SOLEIL LEVANT’s blog

日出づる国 日本。宇宙のすべてが光り輝き、いつも良いことがありますように。

神武天皇(神日本磐余彦尊 )

神武天皇社 Jinmu Tennou Sha


神武天皇社 Jinmu Tennou Sha

九州の神社:福岡県・神武天皇社(遠賀郡芦屋町

神武天皇社は、神武天皇が東征で訪れたとされる「崗之水門」とされています。神武天皇は、 天下万民が幸せに暮らせるように都を中央に遷すべく、宮崎をご出発になります。

美々津から 御東征の途につき、速吸門、菟狭、岡水門、埃宮、高嶋宮を経て大和へ向かわれました。ま た、「崗の浦」は、仲哀天皇神功皇后の御駐輦の地であることから両神を合祀しています。 鳥居前には「崗水門顕彰碑」が立てられています。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------

  

 

等彌神社

奈良県桜井市桜井1176

延喜式神名帳』に掲載されている大和国城上郡等彌神社に比定されている。明治時代までは能登宮と呼ばれていた。

創建年代は不詳であるが、社伝によると当社は古より鳥見山に鎮座していたとされる。鳥見山は初代天皇である神武天皇が、即位後の神武天皇4年の春2月に皇祖神及び天津神を祀った場所である霊畤(まつりにわ)と伝えられる。又即位後初めて皇祖天神を祀ったという日本書紀の記述から大嘗会の起源であり、初の舞台ともされる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%89%E5%BD%8C%E7%A5%9E%E7%A4%BE


等彌神社

 

---------------------------------------------------------------------------

 

 

橿原神宮

奈良県橿原市久米町934

天照大神天孫瓊瓊杵尊に仰せになった「豊葦原の瑞穂とよあしはらのみずほ国はわが子孫の君たるべき国なり」のお言葉通り、神武天皇が国内を統一なさり、畝傍山の東南・橿原の地に皇居を造られ、即位の礼を行われました。明治時代に入り、天皇の御聖徳を永遠に尊び敬いたいという思いから、この地に神宮創建をという請願が民間有志より出されました。明治天皇がこれを深くほめたたえ、元京都御所賢所かしこどころと神嘉殿を下げ渡され、明治23年4月2日、官幣大社橿原神宮として御鎮座になりました。

 

天照大神あまてらすおおかみの血を引く神倭伊波禮毘古命かむやまといわれびこのみこと(後の神武天皇が、
豊かで平和な国づくりをめざして、九州高千穂の宮から東に向かい、
想像を絶する苦難を乗り越え、畝傍山うねびやまの東南の麓に橿原宮を創建されました。
第一代天皇として即位されたのが紀元元年、今からおよそ2,600余年前のことです。

http://www.kashiharajingu.or.jp/


奈良 橿原神宮. 2019年6月2日

 

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

 


【奈良・古墳】神武天皇(じんむてんのう)神武天皇陵

畝傍山(うねびやま)の北東の麓、橿原神宮に北接する神武天皇陵は、円丘で周囲は約100m、高さ5.5mの広い植え込みがあり、幅約16mの周濠をめぐらせています。
日本書紀古事記によると、初代天皇とされる神武天皇(在位:前660年~前585年)は日向(宮崎)地方から、瀬戸内海を東に進んで難波(大阪)に上陸しましたが、生駒の豪族に阻まれたため、南下して熊野に回りました。そこで出会った3本足の「八咫烏」(やたがらす)というカラスに導かれて、吉野の険しい山を越えて大和に入り、周辺の勢力も従えて、大和地方を平定しました。そして、紀元前660年の1月1日に橿原宮で即位し、初代の天皇になりました。

 

 

--------------------------------------------------------------------

   

2月11日は、日本神話の登場人物であり、古事記日本書紀で初代天皇とされる神武天皇の即位日が、日本書紀に紀元前660年1月1日 (旧暦)とあり、その即位月日を明治に入り、グレゴリオ暦に換算した日付である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%BA%E5%9B%BD%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%81%AE%E6%97%A5

 

 ---------------------------------------------------------------------------

 

 


【ゆっくり解説】神武東征の謎① なぜ東征で四国が登場してこないのか?

【ゆっくり古代史】神武東征の謎① なぜ東征で四国が登場してこないのか? 今回は、神武東征の時に瀬戸内海を航行しているのに、なぜ四国の話が出てこないのか?の謎を検証してみました。 古事記日本書紀を見直すと、新たな発見があったので、皆さんにシェアさせていただきます

 

 


【ゆっくり解説】神武東征の謎② 神武一行はなぜ、超難所の熊野へ向かったのか?検証してみた。

回の妄想古代史は「神武東征の謎②神武一行はなぜ、超難所の熊野へ向かったのか?検証してみた」をお送りします。 前回の四国辺に続く第二弾です。