SOLEIL LEVANT’s blog

日出づる国 日本。宇宙のすべてが光り輝き、いつも良いことがありますように。

聖徳太子

私の調べ方が正しければ、こちらの神様(聖徳太子)は、

200回未満150回以上、人間として転生に入られ、

そして30回未満、人間に亡き者にされたようだ。

 

 

飛鳥寺と飛鳥大仏 《明日香村》


飛鳥寺と飛鳥大仏 《明日香村》


 

------------------------------------------------------------------------

 

 

法隆寺  世界遺産 


【法隆寺】世界遺産❗️法隆寺

現存する世界最古の木造建造物群が有る法隆寺の紹介です。

 

 

------------------------------------------------------------------------

 

 

斑鳩寺(太子町)


山陽道歩き旅#25 桜井の清水(太子町)→斑鳩寺(太子町) 2018/12/25

 

---------------------------------------------------------------

 

四天王寺


四天王寺

推古天皇元年(西暦593年)に聖徳太子によって建立された、日本最古級の歴史を誇る大寺院

 

-------------------------------------------------------------------------

 

 

難波宮

 
難波宮【なにわのみや】空撮

645年に孝徳天皇は難波(難波長柄豊崎宮)に遷都し、宮殿は652年に完成した。大化の改新とよばれる革新政治はこの宮でおこなわれたが、この宮は建物がすべて掘立柱建物から成り、草葺屋根であった。『日本書紀』には「その宮殿の状、殫(ことごとくに)諭(い)ふべからず」と記されており、ことばでは言い尽くせないほどの偉容をほこる宮殿であった。

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

聖徳太子

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90

推古天皇11年(603年)12月5日、いわゆる冠位十二階を定めた。氏姓制ではなく才能を基準に人材を登用し、天皇の中央集権を強める目的であったと言われる。

推古天皇12年(604年)4月3日、「夏四月 丙寅朔戊辰 皇太子親肇作憲法十七條」(『日本書紀』)いわゆる十七条憲法を制定した。豪族たちに臣下としての心構えを示し、天皇に従い、仏法を敬うことを強調している。9月には、朝礼を改め、宮門を出入りする際の作法を詔によって定めた。

推古天皇13年(605年)、諸王諸臣に、褶の着用を命じる。斑鳩宮へ移り住む。

推古天皇15年(607年)、屯倉を各国に設置する。高市池、藤原池、肩岡池、菅原池などを作り、山背国栗隈に大溝を掘る。小野妹子、鞍作福利を使者とし隋に国書を送った。翌年、返礼の使者である裴世清が訪れた。日本書紀によると裴世清が携えた書には「皇帝問倭皇」(「皇帝 倭皇に問ふ」)とある。これに対する返書には「東天皇敬白西皇帝」(「東の天皇 西の皇帝に敬まひて白す)とあり、隋が「倭皇」とした箇所を「天皇」としている。この返書と裴世清の帰国のため、妹子を、高向玄理南淵請安、旻ら留学生と共に再び隋へ派遣した。

推古天皇20年(612年)、百済味摩之が伎楽を伝え、少年たちに伎楽を習わせた。

推古天皇21年(613年)、掖上池、畝傍池、和珥池を作る。難波から飛鳥までの大道を築く。日本最古の官道であり、現在の竹内街道とほぼ重なる。

推古天皇22年(614年)、犬上御田鍬らを隋へ派遣する。最後の遣隋使となる。

厩戸皇子は仏教を厚く信仰し、推古天皇23年(615年)までに三経義疏を著した。

推古天皇28年(620年)、厩戸皇子は馬子と議して『国記』、『天皇記』、『臣連伴造国造百八十部并公民等本記』を編纂した。

推古天皇30年(622年)、斑鳩宮で倒れた厩戸皇子の回復を祈りながらの厩戸皇子妃・膳大郎女が2月21日に薨去し、その後を追うようにして翌22日、厩戸皇子は薨御した(日本書紀では、同29年2月5日(621年))。享年49。

f:id:SOLEILLEVANT:20200918172131j:plain

f:id:SOLEILLEVANT:20200918171648j:plain

f:id:SOLEILLEVANT:20200918173734j:plain

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

日本史講座 第5回(後半)古代日本の政治と神々の霊導

https://shanti-phula.net/ja/video/blog/?p=5211

蘇我氏は大王であった

 蘇我氏が政治・経済の頂点である大王であり、祭祀階級の頂点が天皇、法を司るのが法王という統治システムであったとすると数々の謎が解ける。その証拠の数々を検証していく。

 

-------------------------------------------------------------------------

 

聖徳太子の予言

https://matome.naver.jp/odai/2158339309150185201

日本の有名な偉人、聖徳太子には、一度に10人の話を聞く、一日で山を動かす、などの超能力めいた伝説が数多く伝わっている。
なかでも注目すべきは、『日本書記』の巻第二十二に、「兼て未然を知る」とあるように、その未来予知の力だ。聖徳太子が予知した内容は『未来記』と『未然本紀』みぜんほんぎという2冊の予言書にまとめられている。

『未来記』は、有名な『太平記』をはじめ各時代の書物などでたびたび言及がある。『未然本紀』も江戸時代に幕府による禁書処分を受けてしまったものの、その内容は高く評価されており、現代まで写本が伝わっている。

予言の的中率も非常に高い。鎌倉幕府の成立、蒙古襲来、南北朝の争乱、豊臣秀吉徳川家康の天下統一、第二次世界大戦の勃発など、いくつもの予言が現実のものとなっている。

 

--------------------------------------------------------------------------

 

 

十七条憲法

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%B8%83%E6%9D%A1%E6%86%B2%E6%B3%95

 

 

聖徳太子  NHKドラマスペシャル 2001年

https://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010481_00000