素戔嗚尊(ソサノヲ)(ハナキネ)様

ハナヒコ(ヤマトタケ)は、カワアヒノノにオホミヤ(氷川神社)を建てた
そして、これを"我がサキミタマ(先祖霊)"と知らしめて、ヒカワカミ(ソサノヲ)を祀った
なお、戦に用いたイクサウツワ(兵器)は秩父山に納めた

ホツマツタヱ39文 ホツマ打ち 連歌の文:氷川神社の創祀【11】|ホツマツタヱ・ミカサフミ 現代語訳

 

 ------------------------------------------------------

 

 

古事記』では建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)、速須佐之男命、須佐之男命、『日本書紀』では素戔男尊素戔嗚尊等、須佐乃袁尊、

出雲国風土記』では神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)、須佐能乎命、神仏習合では牛頭天王などと表記する。

スサノオ - Wikipedia

 

 

-----------------------------------

 

 

ハナキネは素戔嗚尊(ソサノヲ)の斎名(イミナ)で、ホツマツタヱによれば、“イザナミカグツチを生んだ際の火傷が原因で死んでしまう”のではなく、ハナキネが放った火による山火事にまかれて焼死したのである。

イサナギとイサナミの両神(ふたがみ)、天父地母ではなく、国を再建した。

初めて結婚という制度を定めたのが大濡煮(ういじに)尊、少濡煮(すいじに)尊で、“この時、両神にならって八十人の有力な神様達も皆妻を娶り、結婚式を祝うようになりました。

ホツマツタヱに記されている通り、「神々」は実在する ~3.0次元の地球に転生している「神々」 - シャンティ・フーラの時事ブログ  より

 

 -----------------------------------------------------------

 

 

ja.wikipedia.org