驚くべき動物のハイブリッド種

 


驚くべき動物のハイブリッド種10選

1. ゾース

最初にご紹介するのが、ゾース。実際にはゼブロイドと呼ばれる多数の馬のハイブリッドの1つ。これは、シマウマの祖先を持つ馬のハイブリッドに付けられる名前です。こんな奇妙な見た目の馬を見て、ある疑問が浮かぶはず… 「この馬にはなんで、縞模様が?』—ゾースは、オスのシマウマとメスの馬を交配した結果に他なりません。「でも、なんで、そんなことをする必要が?」と気になりますよね。 というのも、シマウマとしての血筋によって、通常では馬とロバを悩ませる特定の害虫や病気に対して、高い抵抗力が生まれるとのこと。非常に丈夫な体を持った動物なのです。ゾースの最も注目すべき特徴の1つは、黒いストライプ—脚と背中最も暗い色になっています…そして、時に、体の別の部分や首にあることも。アフリカでは、人や物を山で運ぶトレッキングアニマルとして活躍しています。

 

2. ライガー

スマートな皆さん、このライガーが雄のライオンと雌のトラの組み合わせであることは既にご存知でしょうか。ライガーは通常、トラ、ライオンよりも大きく重く、生物学者の中には、そのサイズ—つまり、成長異形成が特定の成長制限遺伝子の欠如によって引き起こされていると予想する人も。猫科の中でも最大のこの動物は、時に3.3メートル、重量400kg以上に達することもあります。 それどころか体重1000kgに達する個体も報告されています。「凄すぎる」と感動する人もいるかもしれませんが、猫科の専門家の中には、ライガーをはじめとする「デザイナーハイブリッド」は愚行(ぐこう)であり、その繁殖は非倫理的であると警鐘を鳴らす人も。動物の種類にかかわらず、このようなハイブリッドの交配は遺伝子を滅茶苦茶にし、不妊などの欠陥が引き起こされる可能性を高めてしまいます。

 

3. サバンナキャット

この動物は有名人の間で人気があるため、何となく知っている人も少なくはないはず。サバンナキャットには斑点があり、チーターやヒョウのような外観を備えた、野生の猫の壮大さと尊厳を与えるために生み出された種です。興味深いことに、2006年以来、世界で最も背の高い飼い猫のギネスブック世界記録を保持しています。 ベンガル猫のように見えると思う人もいるかもしれませんが、血筋が確立されていないため、そのような混乱が生じているようです。サバンナキャットの体重は5〜12kgほどで、ほとんどの飼い猫よりも少し長い、12〜20年生きることができます。ところで、もしこの猫を飼いたいと思うなら…130〜200万円の資金は準備しましょう。そして、遺伝的欠陥を抱えるリスクがあることにも注意が必要です。そのため「F1(エフワン)」種であるほど価格が非常に高くなります。

 

4. カマ

カマは、南アメリカのラマとアジアの1こぶのラクダを交配することによって生まれたハイブリッド種。そもそも、形と大きさに違いはあるものの、ラクダとラマは実際には遠い親戚であり、同じ祖先から分岐、進化しています。 カマは最大で、肩までの高さが約1.5m、体重が80〜450kg。ラマのものよりわずかに短い柔らかい毛皮で覆われています。外観は、短い耳、長い尻尾、ひづめが特徴的。こぶがはどこにも見当たらず…実は、ラクダからごぶは継承していません。しかし、ラクダのように、大量の水を飲み、蓄え、長期間生存することができます。鳴き声はラクダに類似し、寿命は30〜40年となっています。

 

5. アフリカミツバチ

アフリカミツバチが実際にハイブリッドという事実—これは、意外にあまり知られていません。あなたは1978年の映画『スウォーム』を見たことがあるでしょうか。映画で、怒ったミツバチが大軍を形成し、都市全体を攻撃し、数百という人々を襲います。果たしてこれは純粋なフィクションであり、実際には決して起こらないのでしょうか。 こんなフィクションのような話が、過去10年以内に、サハラ砂漠以南に生息する「キラービー」と呼ばれる昆虫によりもたらされました。その正式名称は、アフリカミツバチ。この虫の誕生は…実際にはアクシデント。ブラジルの科学者のグループが、蜂蜜の生産性改善のために、新しいハイブリッドミツバチ開発に挑戦。そんな中に、ある異端のハチが発生し、これが研究所を抜け出し、野生の他のミツバチと出会い…そこから悲劇が幕を開けます。 何年も経過し、この交配種がコロニーを確立するまでに。このハチは攻撃的で、事態の変化に敏感に反応し、常にご機嫌斜め。ただ、このハチがアフリカ大陸にしかいないと思ったら大間違い。1990年10月、アフリカミツバチがテキサス南部で発見されました。このハチはタチが悪く、大きな集団を作り攻撃し、生産する蜂蜜やミツロウは少なく、高音を嫌います。群れに襲われると、75%で致命傷になるとのこと。

 

6. タイゴン

ビデオの前半でご紹介したライガーのように、このハイブリッド種はトラとライオンの交配から生まれています。こちらの個体は、アメリカに存在する数十のティゴンのうちの一頭。虎の頭、虎の尾、そしてよりライオン寄りの体を持っています。この動物の真骨頂とも言えるのが斑点とストライプのミックス。この個体の名前はラジャ。非常にまれな種であり、野生ではほとんどあり得ないことです。 ティゴンの体長は通常2m40cm〜2m60cmほど。この動物の歴史は、20世紀にさかのぼります。1920年代、イギリスの複数の新聞が動物園に不思議な動物がいることを報じました。1936年から1938年にかけて、ロンドン動物園とマンチェスター動物園の両方にティゴンがいました。そのうちの一頭である有名なハイブリッドは、1930-1940年代にイギリスのマンチェスター動物園にいた モード・ザ・ティゴン。ここでご紹介した個体は共にインドで生まれ、英国王室に寄贈されています。

 

7. ホルフィン

これは、オスのシャチとメスのバンドウイルカの間に生まれた、「ホルフィン」と呼ばれる不思議な生き物。そう、シャチとイルカの子供です。これらの動物は互いに交尾をすることができ、ややあって、ホルフィンが生まれました。 この例でのオスのクジラの重量は900kg、体長は4.2m。メスのバンドウイルカの重量は180kg、体長は1.8m。興味深いことに、オスのシャチの方はと言うと…実際にはイルカの一種であるため、実際には奇妙なことは何もありません。ただ、単に体の大きさの違いのため、海洋生物学者は、両者の間で交尾が起こるとは考えていませんでした。ともすると、彼らは マルコム博士のかの有名なセリフ『生命は道を見つける』を知らなかったみたいですね。

 

 

------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らは新型コロナウイルスのパンデミックを演出して、完全ロックダウン政策からグレート・リセットによる世界政府の樹立を目指す - シャンティ・フーラの時事ブログ

 

 

世界各国が大々的にキャンペーンを展開している「新しい生活様式」、つまり「ニューノーマル」を常態化させることが、グレート・リセットの最大の目的 ~生体認証などの認証システムを基にした「超監視社会の常態」 - シャンティ・フーラの時事ブログ

 

 

世界を指揮できるほどの強大な力を持っており、全米を動員してトランプ大統領の再選を阻止しようとしている「ロスチャイルド家」 ~魂を悪魔に売り、人間界における悪魔の代弁者になった - シャンティ・フーラの時事ブログ